PR

セフレが欲しい男性心理とは~女性とは違うセックス観~

男女のコラム

この記事は、セフレが欲しい男性心理というテーマで、セフレを作りたいと思っている男性がどういう心理なのかを説明します。

この記事を読めば、男性がどういう心理でセフレを作ったり、浮気をするのかを知ることができます。

 

セフレが何を考えているかわからない女性セフレから彼女に昇格したい女性は、ぜひ参考にしてください。

 

おすすめの出会い系サイト

セフレ作りにおすすめな出会い系サイト

PCMAX
セフレ作りの王道!登録&年齢確認で無料ポイントが貰えます

ハッピーメール
最大で1200円分の無料ポイント進呈中
※18歳未満は利用できません

男性がセフレを作る目的

男性がセフレを作る理由は、ずばり「セックスがしたいから」です。

 

非常にわかりやすく単純な理由に思えますが、女性的なセックス観でこの理由を考えると、本当の意味では理解できません。

女性にとってのセックスは、身体的な満足も重要ですが、それ以上に心が満たされることが大事です。

もちろん例外的な女性もいますが、身体<心というのが女性に多いセックス観です。

 

男性はその反対で身体>心です。

例え心が満たされていても、自慰行為をしますし、身体的に物足りなければセックスしたくなるというのが、男性の心理なのです。

 

 

ですから、身体<心というセックス観で、男性のセフレ願望を考えてしまうと、理解できません。

男性は射精という身体的満足がゴールであり、心の満足は最終的なゴールではないのです。

 

女性からすると、心は満足しているはずなのになぜセックスしたいのかと思うでしょうが、男性からすれば、心の満足はともかく、思う存分射精して身体的に満足したいのです。

力を誇示したい

男性がセフレを作るもう一つの理由は、「自分の力を誇示したいから」です。

 

男性は女性とセックスすることで、自分の男性的な力を示すことができ、自信を得ることができます。

女性が強くなったと言われる時代ではありますが、力を示したい、今風に言えば「マウントをとりたい」という男性心理は、そんなに簡単に変わるものではありません。

 

 

男性は心のどこかで、誰かに対してマウントをとりたいと考えており、女性とセックスするということは、他の男性やその女性に対してマウントをとるための一手段でもあるのです。

男は安心すると浮気する

男性は安心すると浮気をします。

 

この心理は、寂しいから浮気をする女性とは正反対であり、これまで説明してきた身体>心のセックス観、マウントをとりたい心理と密接な関係にあります。

 

まず、身体>心なので、女性と違って心が満たされることがゴールにならず、身体の満足を追い求めてしまいます。

 

その上、常にマウントをとりたい気持ちがあるので、一度マウントをとった相手(=セックスした相手)に対しては、自尊心が満足してしまって、徐々に興味を失い、別の相手にマウントをとって力を誇示したいという欲に駆られます。

 

 

ですから、どんなに心を満たしても身体的な満足を求めますし、むしろ男性の自尊心を満たしてしまったことで、その女性は自分のものである、と「安心」して、別の女性に目が向いてしまうのです。

 

よく奥さんが尽くし仲が良い夫婦でも、実は夫が浮気していたということが起こりますが、それは妻が尽くすことで、夫が「奥さんは自分のもの」と安心してしまい、奥さんとは別の女性を手に入れたくなった結果です。

 

女性からしたら、奥さんが尽くして寂しくないはずなのに、何故浮気をするのか?と夫を責めるでしょうが、そう思う時点で男性心理とはずれてしまっています。

男性は、尽くしてもらって安心しているからこそ、浮気をするのです。

男性を繋ぎ留めるには?

それでは男性を自分のもとに繋ぎ留め、関係を維持あるいは彼女に昇格するには、どうすればいいのでしょうか。

方法は二つです。

一つ目は、男性の身体的欲求を満たす。

二つ目は、男性に安心させずに自尊心を煽る、です。

以下で具体的に説明します。

男性の身体的欲求を満たすのは不可能である

男性を繋ぎ留めるための方法その1は、男性の身体的欲求を満たすことですが、短期的にならともかく長期的には不可能に近いです。

 

男性の週の自慰行為の頻度を考えるとわかりますが、ある調査では、週に平均3、4回のペースで男性は自慰行為をしているという結果が出ており、週の半分以上は性的な行為を意識しているようです。

週の半分以上セックスをするというのは、暇な学生でもない限りなかなか難しいでしょう。

 

さらにセフレを作るような男性は、平均よりも性欲が強いと考えられるので、毎日セックスがしたいと考えていてもおかしくはありません。

女性は一月ごとにセックスできない、しない方がいい期間が存在するので、男性の身体的欲求を満たし続けるのは、そもそも不可能なことなのです。

 

仮に毎日セックスできたとしても、今度は飽きの問題が生じます。

毎日のようにセックスをしていたら男性側もさすがにその女性に飽きてしまいます。

 

同じAVで毎日自慰行為ができないのと同じで、女性がどんなに美人でスタイルが良くても、いずれは性的な魅力が減じてしまうんです。

そうなると、男性の欲求を満たすことができなくなり、また別の女性とセックスしたいと考えるようになるでしょう。

 

ですから、男性のセックスに対する欲求を満たし続けて繋ぎ留めることは、ほぼ不可能に近いのです。

男性は安心させないに限る

男性の身体的欲求を満たし続けるのはほぼ不可能、残る手段は安心させずに自尊心を煽ることです。

 

男性心理として、女性が自分のものになっていない時の方が、女性に対する興奮度が高まります。

自分のものになっていない女性は、力を誇示し、自尊心を満たす絶好のチャンス。

この心理をうまく利用すれば、男性を繋ぎ留めることができます。

 

関係の維持が目的なら、セックスの頻度は程々にして、男性に飢餓感を抱かせましょう。

例え一度身体を許した関係でも、思い通りにセックスできなければ、男性はその女性とセックスしたい欲が高まります。

セフレから彼女に昇格したい場合は、尽くしすぎて都合の良い女にならないように気を付けましょう。

 

都合良くセックスできる女性は、男性にとって「安牌」、安心要素になってしまいます。

セックスの頻度を減らし、会ってもセックスさせない、他の男性とのデートを示唆するなど、男性を焦らすのが効果的です。

 

 

またセフレの関係にとどまる理由は、男性が求める彼女の基準に達していないという可能性もあるので、自分磨きは忘れずに行う必要があります。

 

男性は安心させないに限ります。

あまり突き放すと諦めてしまうかもしれないので、思わせぶりな態度をとりつつ、うまい具合に焦らしてあげると、男性の「マウントをとりたい」「この女性で身体的欲求を満たしたい」という気持ちを刺激することができます。

まとめ

男性は、心を満たすことよりも身体的欲求を満たしたい生き物

またマウントをとって力を誇示したい生き物です。

 

男性を繋ぎ留め、関係を維持したり、セフレから彼女に昇格したければ、男性を安心させずに、身体的欲求とマウントがとりたい欲求が自分に向くように仕向ける必要があります。

都合の良い女にならないことが最も大事です。

 

出会い系やマッチングアプリは、女性を求める男性が多く利用し、出会いの宝庫になっておりおすすめです。

男性を簡単には安心させない「焦らし上手」になって、普通は出会えないような理想の相手をぜひGETしてください。

おすすめの出会い系サイト

PCMAX

・アダルトに強くセフレ作りに〇
・累計会員数1900万人突破
・1日のアクティブ会員60万人の大型出会い系
・登録&月額費不要のポイント制
・法律遵守!インターネット異性紹介事業認可済み
・登録から48時間はポイント購入量最大1.5倍でお得

アプリ版もありますが、高機能でポイント料金の安いブラウザ版からの登録がおすすめ

登録&年齢確認で貰える無料ポイントもあります。

PCMAX
公式サイトリンク(R18)

※法律により利用には年齢確認が必要です

ハッピーメール

・累計会員数3000万人突破国内最大級の出会い系
・恋人探しからセフレ作りまで幅広い利用者層
・登録&月額費不要のポイント制
・法律順守!インターネット異性紹介事業認可済み

国内最大級の有名出会い系サイト。登録者数が多いのでセフレ目的の会員も見つけやすい。

登録&年齢確認&メールアドレス登録&プロフィール記入で最大1400円分の無料ポイント進呈中。

ハッピーメール
公式サイトリンク(R18)

※法律により利用には年齢確認が必要です

男女のコラム
セフレの作り方徹底ガイド
タイトルとURLをコピーしました