PR

セフレの関係がつらい~つらい原因と対処法~

セフレとの付き合い方

この記事は、セフレの関係がつらい~つらい理由と対処法~というテーマで、セフレの関係におけるつらさについて説明します。

 

この記事を読めば、セフレの関係でのつらさの理由と、どう対処すれば良いのかがわかります。

セフレの関係につらさを感じている方、つらいけれどやめられない方は、ぜひ参考にしてください。

 

おすすめの出会い系サイト

セフレ作りにおすすめな出会い系サイト

PCMAX
セフレ作りの王道!登録&年齢確認で無料ポイントが貰えます

ハッピーメール
最大で1200円分の無料ポイント進呈中
※18歳未満は利用できません

セフレ関係がつらい理由

セフレ関係がつらいと思うのは、何が理由なのでしょうか。

もともとは相手とセックスするのが楽しい、あるいは一緒にいることが楽しかったはず。

楽しさはどこでつらさに変わってしまうのでしょうか。

 

以下で、セフレ関係がつらいと思う理由をご紹介します。

期待していた関係ではなかった

セフレ関係がつらいと思う一番の理由は、期待していた関係と違っていたためです。

 

男女関係に限らず、何かを期待して、それが期待通りにいかなかった場合、私たちはショックを受けます。

同じ失敗という結果でも、「こんなはずじゃなかった」と思うのと、「こんなものかな」と思うのでは、精神的に全く異なります。

 

セフレ関係がつらさを感じる時、その相手と関係を持つ前にあった「期待」が裏切られたことによる失望が、つらさの原因となるのです。

セフレに過度な期待をしてしまうと、裏切られて辛くなる可能性が高くなります。

特にセックス以外の面では期待しない方がいいでしょう。

恋人関係になりたいのになれない

セフレ関係がつらいと思う理由で、女性に多いのは、恋人関係を期待していたのになれないためです。

ここでも「期待」という言葉が鍵を握っています。

 

男女関係においては、恋人として付き合う前に、セックスすることもあるでしょう。

その後、会う度にセックスをするけれど、いつまでたっても「付き合おう」と言われず、またセックスしてしまう、そんな関係になっていたとしたら最悪です。

付き合いたいのにセックスだけで終わるというセフレ関係は、言わば「期待」が放置された状態です。

 

そのままでいると、必ず相手との関係が辛くなります。

「期待」が実現しないからです。

 

セックスの誘いを断れない、断ったら会ってくれなくなる、という懸念があるかもしれませんが、セックスを一回断っただけで会えなくなる相手は、どちらにしろ良い恋人関係にはなれません。

相手に期待し続けるのではなく、自分から行動しないとつらさは増すばかりでしょう。

むなしさを感じてつらい

セフレ関係がつらいと思う、もう一つの理由は、むなしさを感じるためです。

 

セフレの関係には未来がありません。

恋人になれば別ですが、どんなにセックスをしても、その関係が将来、意味を持つ可能性はほとんどありません。

セックスの経験値や思い出にはなるかもしれませんが、その関係自体が発展したり、何か生産性を持つような性格のものではないのです。

 

未来の見通しがないことを長く続けていると、人はむなしさを感じてしまいます。

例えば、意にそぐわず、未来のためにもならない雑用や仕事をやらされ続けたら、人は気が滅入って辛くなってしまいます。

 

ここでもキーワードは「期待」です。

多くの人は将来に期待できないものをずっと続けるのはつらいと感じるものなのです。

 

セフレ関係は将来に期待することができないので、続けているうちに、むなしくなり、継続することが辛くなっていきます。

人は期待できないことを長く続けることはできない生き物なのです。

つらい気持ちをどうすればいい?

セフレ関係が辛くなったら、どうすればいいのでしょうか。

一番良いのは関係を止めてしまうことです。

 

しかし、そう簡単にはいかないのが男女関係です。

以下で別れる以外のつらさへの対処法を紹介します。

そもそも期待しない

セフレ関係がつらい時の対処法の一つは、セフレに期待しないということです。

 

当たり前ですが、相手に期待をしなくなれば、裏切られることもなくなります。

セフレ関係は割り切った関係ですが、それは言い換えれば「セックス以外は期待しない」関係とも言えます。

セックスに対する期待でしたら、相手は喜んで応えようとするでしょう。

 

 

しかし、セックス以外の期待をかけてはいけません。

毎日電話をしてくれるとか、寂しい時に優しくしてくれるとか、そのようなセックス以外の事柄は、例え1度してもらったとしても、長期的に期待してはいけません。

あくまでセックスだけに期待すると、セフレの関係はより気軽で楽しい関係になるでしょう。

恋人になりたいとはっきり言う

恋人になりたいのにセフレ関係にされてつらい時の対処法は、恋人になりたいとはっきり言うことです。

 

恋人になりたいのにセフレにされる人の多くは、押しに弱かったり、自分に自信がなかったりして、恋人になりたいと言えず、その気持ちを相手に利用されています。

そのまま相手に期待し続けても、恋人になれる可能性は低いので、自分から恋人関係になるために動かなければなりません。

 

自分に自信がなければ自信がつくよう努力すればいいですし、押しに弱いなら恋人になったらセックスすると条件をつければいいのです。

自分の意志を伝えることで、相手が離れていくリスクはありますが、恋愛は本来そういうもので、リスクなしにリターンを得ることは難しいのです。

 

リスクを減らすための努力はできますが、最終的に言葉で伝えることは必要なこと。

これ以上つらさを感じたくないならば、思い切って告白しましょう。

小目的を作る

セフレ関係がむなしくなってつらい時の対処法は、セフレと会う度に小目的を作ることです。

 

小目的とは、セフレと会ったらこれを達成したい!という小さな目標のことです。

例えば、今回はセフレを3回イカせるでもいいですし、潮吹きさせるでも、何でも良いです。

セフレなのでセックスに関する目的にしましょう。

 

このような小さな目標を作るのは、モチベーションを維持するために効果的な手段です。

毎回の課題を設定することによって、それを達成する自分に「期待」することができます。

もし達成できなくても、次にセフレに会う時のモチベーションにつながります。

 

ただ漠然と会ってセックスするだけだと、マンネリ化したり、むなしくなって辛くなります。

セフレと会うたびに目的を持てば、毎回のセックスが楽しくなるでしょう。

まとめ

セフレの関係が辛くなる時、その理由には「期待」というキーワードが見えてきます。

 

セフレの関係が期待していたものではなかった。

恋人になることを期待していたが、セフレのままである。

セフレという関係自体に将来的な期待が持てない。

 

このように期待が裏切られた、もしくは期待が持てない時に、セフレという関係につらさを感じるのです。

 

このつらさに対処するには、セフレ関係を解消することが効果的ですが、

他にもセフレにそもそも期待しない(セックスだけに期待する)。

恋人になりたいという期待で終わらずに、自分からその期待を実現しようと努力する。

セフレと会う度に小さな目標を作って、実現するように取り組む、などの方法があります。

 

いずれにせよセフレの関係は、未来よりも今を楽しむものです。

過度な期待はせずに、相手とのセックスを楽しむように心がけると、つらさではなく楽しさを感じることができるでしょう。

おすすめの出会い系サイト

PCMAX

・アダルトに強くセフレ作りに〇
・累計会員数1900万人突破
・1日のアクティブ会員60万人の大型出会い系
・登録&月額費不要のポイント制
・法律遵守!インターネット異性紹介事業認可済み
・登録から48時間はポイント購入量最大1.5倍でお得

アプリ版もありますが、高機能でポイント料金の安いブラウザ版からの登録がおすすめ

登録&年齢確認で貰える無料ポイントもあります。

PCMAX
公式サイトリンク(R18)

※法律により利用には年齢確認が必要です

ハッピーメール

・累計会員数3000万人突破国内最大級の出会い系
・恋人探しからセフレ作りまで幅広い利用者層
・登録&月額費不要のポイント制
・法律順守!インターネット異性紹介事業認可済み

国内最大級の有名出会い系サイト。登録者数が多いのでセフレ目的の会員も見つけやすい。

登録&年齢確認&メールアドレス登録&プロフィール記入で最大1400円分の無料ポイント進呈中。

ハッピーメール
公式サイトリンク(R18)

※法律により利用には年齢確認が必要です

セフレとの付き合い方
セフレの作り方徹底ガイド
タイトルとURLをコピーしました