セフレに自分から連絡しない!のすすめ~セフレ男子を虜にする方法~

セフレとの付き合い方

この記事は、セフレに自分から連絡しない!のすすめ~セフレ男子を虜にする方法~というテーマで、セフレに自分から連絡しないことについて説明します。

 

この記事を読めば、セフレに自分から連絡しないことによる効果がわかり、より相手を虜にする方法がわかります。

セフレの男性の気を引きたい方、最近セフレとのマンネリを感じている方は、ぜひ参考にしてください。

 

おすすめの出会い系サイト

セフレ作りにおすすめな出会い系サイト

PCMAX
セフレ作りの王道!登録&年齢確認で無料ポイントが貰えます

ハッピーメール
最大で1200円分の無料ポイント進呈中
※18歳未満は利用できません

自分から連絡しない!のすすめ

自分から連絡しないのが、セフレの男性を虜にする効果的な方法です。

何故なら、男性は女性が自分のものと思って安心している時は、その相手に情熱を傾けないからです。

 

女性側から男性に頻繁に連絡すると、男性は「この女性は自分のものである」と認識して、逆に興味が薄くなってしまいます。

頻繁な連絡を面倒だと思ってさえいるでしょう。

これには、女性と男性の連絡に対する意識の違いがあるのです。

男女で連絡に対する意識が違う!?

一般的に、男女で連絡に対する意識は違います。

個人差はありますが、男性は頻繁な連絡をしたがらず、女性は頻繁な連絡を欲しがる傾向があるのです。

このことは、男女の友人関係にも見て取れます。

女性は、学生やママ友のコミュニティを見ればわかりますが、グループを作って、仲間意識を共有することを大事にします。

そのグループを繋ぐものは、頻繁な連絡やいつも一緒に行動する、といったことです。

 

一方、男性は友人関係でそのようなグループを作ることはあまりしません。

仲の良い友達はいますが、頻繁に連絡をとったり、いつも一緒にいる必要はなく、久しぶりの再会でも昨日会ったかのような関係性を維持することができます。

 

 

もちろん、これらの特徴から外れる女性や男性もたくさんいますが、一般的な話として、女性は常につながることを意識し、男性はそうではない傾向を持っています。

ですから、男性の多くは、頻繁に連絡を取る必要がなく、いつも繋がっていたいとあまり思いません。

女性が、関係を維持したい、仲を深めたいと思って頻繁な連絡をしても、それは逆効果になることが多いのです。

自分から連絡しないことの効果

男女の意識の違いから、男性は頻繁な連絡を好まず、連絡してくる女性を「自分のもの」と思って安心してしまう逆効果が生じることを説明しました。

この逆効果を変えるためには、「自分から連絡しないこと」が重要です。
以下でその効果をご紹介しましょう。

相手に安心ではなく、不安を与える効果

自分から男性に連絡しないことで、相手には安心ではなく、不安を与えることができます。

男性の女性に対する原動力は、「安心」よりも「不安」です。

あるものを守るのではなく、ないものを獲得する方が男性は燃えることが多いのです。

 

 

セフレ関係になると、男性は「安心」を得て、相手への興味がだんだんと薄れていきます。

この時に女性側が「もっと構って!」とラインや電話で攻勢をかけてしますと、男性は、相手を失う「不安」ではなく、過度の「安心」を感じて、ますます興味が薄れてしまうでしょう。

 

しかし、しばらく連絡をしないと、男性は「安心」が薄れていって、女性のことが気になり始めます。

つまり女性を失うのではないかという「不安」を覚えるのです。

 

「不安」を覚えた男性は、女性を手放さないように努力をし始め、結果的に良い男女関係の維持に役立つのです。

自分から連絡しないことで、男性に「安心」ではなく「不安」を与えましょう。

予期せぬプレゼントや特典があるかも

自分から連絡しないことで、相手を不安にさせると、予期せぬプレゼントや特典が狙えるかもしれません。

連絡をせずに「不安状態」になった男性は、言わば女性をもう一度口説かないといけない状態になります。

 

セフレになる前、口説く時の男性を思い出してください。

きっと頻繁に連絡をくれたり、おいしい食事に連れていってくれたり、場合によってはプレゼントなどもしてくれたはずです。

男性は女性を口説く時に一番努力します。

自分から連絡をせずに「不安状態」にすることによって、セフレ関係になった後も、疑似的に口説く前の状態にすることができるのです。

男性を不安にさせておけば、会った時には、いつもとは違う特典が見られる可能性が高くなります。

男性が会った時に、「良いところを見せなければ」という気持ちになっているからです。

男性を「不安状態」にさせて、特典をゲットしてしまいましょう。

「不安」から「絶望」へ!?やりすぎ注意!

自分から連絡しないことで、男性を「不安状態」にできると説明しましたが、やり過ぎると「絶望」状態になって、離れていく原因になるので注意です。

自分から連絡しないことは、メリットもありますが、デメリットもあります。

やり過ぎると、男性が諦めてしまい、その女性との関係をやめてしまう可能性があるのです。

 

セフレ関係だと、他の相手を作ることもできますから、鞍替えされることも考えられます。

そうさせないためには、自分から連絡をしないというだけで終わるのではなく、言い方は悪いですが、男性が食いつきそうな餌を撒いておく必要があるのです。

 

ある程度自分から連絡をとらない期間を設けて、男性からも連絡が来ない場合は、男性が気になりそうな内容でメッセージを送りましょう。

例えば、「他の男性からデートに誘われた」とか、セフレ関係なので「最近エッチな気分になる」などのメッセージです。

この時に気をつけることは、「会いたい」と自分から言わないことです。

ストレートに「会いたい」と言ってしまうと、男性の「安心」につながり、せっかくの連絡しなかった期間が台無しになります。

 

上のようなメッセージをおくることによって、男性は嫉妬心に駆られたり、自分が会いたいという気持ちになります。相手から「会いたい」と言わせれば成功です。

このように、自分から連絡しないだけではなく、自分から「会いたい」と言わないことで、男性の心をくすぐっていくと、男女関係で有利にたてるでしょう。

 

これらの方法は、セフレ関係だけではなく、恋愛関係にも応用することができますので、適宜エッチな要素は削りつつ、男女関係全般に役立ててみてください。

まとめ

セフレ関係の男性に、自分から連絡しないのは、男性を安心させないために重要なことです。

男性は女性よりも頻繁な連絡を好まない傾向にあります。

男性を振り向かせようと思って、頻繁に連絡しようとすると、逆効果になることが多いのです。

そこで、自分から男性に連絡しないことをおすすめします。

 

連絡しないことにより、男性を「安心」ではなく「不安」にさせて、男性心理を刺激し、女性を口説く時の状態を疑似的に作り出すことができます。

予期せぬプレゼントや特典もあるかもしれません。

 

やり過ぎると男性が離れていってしまうリスクはありますが、そうなる前に、自分から「会いたい」と言うのではなく、相手が「会いたい」と思うようなメッセージを送ると、効果が倍増します。

ぜひ自分から連絡しない方法と、男性に「会いたい」と思わせる方法を上手く使って、男性を虜にしてみてください。

おすすめの出会い系サイト

PCMAX

・アダルトに強くセフレ作りに〇
・累計会員数1900万人突破
・1日のアクティブ会員60万人の大型出会い系
・登録&月額費不要のポイント制
・法律遵守!インターネット異性紹介事業認可済み
・登録から48時間はポイント購入量最大1.5倍でお得

アプリ版もありますが、高機能でポイント料金の安いブラウザ版からの登録がおすすめ

登録&年齢確認で貰える無料ポイントもあります。

PCMAX
公式サイトリンク(R18)

※法律により利用には年齢確認が必要です

ハッピーメール

・累計会員数3000万人突破国内最大級の出会い系
・恋人探しからセフレ作りまで幅広い利用者層
・登録&月額費不要のポイント制
・法律順守!インターネット異性紹介事業認可済み

国内最大級の有名出会い系サイト。登録者数が多いのでセフレ目的の会員も見つけやすい。

登録&年齢確認&メールアドレス登録&プロフィール記入で最大1400円分の無料ポイント進呈中。

ハッピーメール
公式サイトリンク(R18)

※法律により利用には年齢確認が必要です

セフレとの付き合い方
セフレの作り方徹底ガイド
タイトルとURLをコピーしました