PR

セフレの定義とは?~男女で違うセフレ観~

男女のコラム

この記事は、「セフレの定義とは?~男女で違うセフレ観~」というテーマで、セフレの定義についてお話します。

この記事を読めば、セフレとはどんなものか、男女で実は定義が違う場合があるということがわかります。

セフレに興味がある方、自分がセフレか恋人なのかわからない方は、ぜひ参考にしてください。

 

おすすめの出会い系サイト

セフレ作りにおすすめな出会い系サイト

PCMAX
セフレ作りの王道!登録&年齢確認で無料ポイントが貰えます

ハッピーメール
最大で1200円分の無料ポイント進呈中
※18歳未満は利用できません

セフレの定義

セフレとはセックスフレンドの略称

 

その意味は特に定められているわけではありませんが、一般的には「恋人ではないが、セックスをする男女関係」という意味で使われています。

 

しかしながら、この一言だけでセフレの全容を表すのは難しく、実は男女間でもセフレの認識が違っていたりします。

以下にセフレの特徴をご紹介します。

会う目的がセックスである

男性にとって、セフレに会う目的はセックスだけです。

 

自分が疲れていて体調が悪かったり、女性がセックスできない場合は、会おうとも思いません。

セックスができなければ、会う意味がないからです。

 

これが恋人であれば、体調が悪い時は看病してもらったり、慰めてもらったりしますし、彼女がセックスできなくても他のことをして楽しむでしょう。

以上のことから、セックスなしに会わないというのが、セフレの定義の一つと言えます。

 

 

しかし、女性の場合は男性の定義が当てはまらない場合があります。

女性は「寂しいから」という理由でセフレを作る場合が多く、セックスなしでも心を満たしてくれる相手であればセフレに会います。

男性が求めるからセックスをするだけで、そうでなければ、しなくても大丈夫という女性は一定数いるのです。

 

このように男性と女性では、セフレに会う目的において、セフレの定義は少々異なっていると言ってよいでしょう。

関係が発展しない

セフレの定義の一つとして、関係がセックス以外の面で発展しないということがあります。

 

セフレはあくまでセックスするための相手であって、それ以上の存在になることはありません。

恋人なら結婚を意識するなど将来への期待も込めて付き合いますが、セフレはあくまで今現在、セックスが楽しいかどうかの関係です。

 

時折、恋人になりたいが相手に許されず、セフレにとどまっている場合がありますが、このケースは厳密にはセフレとは言えないでしょう。

何故なら将来を見据えているからです。

公にしない、隠す関係

セフレの関係は基本的には公にしません。

 

セフレがいることを大っぴらにしてしまうと、周りの印象はあまり良くないでしょうし、恋人やパートナーがいてもセフレを作る場合もあるのでバレないように隠すのが普通です。

恋人の関係は、ある程度隠しているカップルもいますが、公になっても関係自体は悪いことではありません。

 

セフレは二人の間だけの秘密の関係なのです。

プライベートに干渉しない

セフレの関係は、基本的にプライベートに干渉しません。

 

あくまで身体だけの関係であり、相手の日常生活に踏みこむ必要がないからです。

 

また、プライベートに干渉すると、周りにバレるリスクも上がるため、名前や職業さえ教え合わないこともあります。

加えて、プライベートに干渉しないため、複数の相手と身体の関係を持つことが可能です。

 

恋人関係は原則一人だけですが、セフレは単なる友人なので、何人同じようなセックスの友人を作っても咎められることがないのが普通です。

恋愛感情がない

セフレには恋愛感情がありません。

 

恋愛感情とは何かというと、これも定義が難しい問題ですが、相手を独占したいという独占欲、相手と一緒にいたいという感情などが挙げられるでしょう。

 

セフレはあくまで友人なので、独占することはできません。

セックスをするというだけで、あとは普通の友達と変わらないので、複数作っても問題がないですし、相手が彼女や別のセフレがいようが口を出すことはできません。

 

 

もし独占欲が芽生えて、相手を自分のものだけにしたいという感情になったら、それはセフレという関係を越えつつあるサインと言ってもいいでしょう。

相手と一緒にいたいという感情は、セフレにもあるかもしれませんが、それはあくまでセックスありきでのこと。

セックスなしでも一緒にいたいと感情が芽生えれば、それは立派な恋愛感情と言えるでしょう。

 

 

しかしながら、女性の場合はちょっと違っていて、セックスなしでもセフレと一緒いることで寂しさが紛れるという人もいます。

そのような女性は、元々孤独感や寂しさを理由にセフレに作っているので、セックスなしでも平気なのです。

その相手でなくてもいい

セフレは、性欲さえ満たしてくれれば、必ずしもその相手でなくても大丈夫です。

 

セックスさえできればいいので、絶対にその相手でないといけないということがなく、別の女性でも満足できれば問題ありません。

もちろん相性やルックス、スタイルの違いなどはあるでしょうが、それは単なる好みの問題であり代替可能な事柄です。

 

恋人の場合は、その相手は代えのきかない存在であり、世界中のどこにもいない唯一の存在です。

代えがきくと思うようになったら、その恋人との関係は終わりが近いと言えるでしょう。

まとめ

セフレは、恋人ではないがセックスをする関係という認識が一般的です。

 

細かく見ていくと、その定義には幅があり、特に男女間では違う場合があります。

男性にとっては、セフレに会う目的はセックスだけですが、女性はセックスなしでも会う場合があるなどの違いです。

 

 

他の定義としては、

将来を見据えた関係ではなく、今現在のセックスを楽しむためだけの発展しない関係であること。

公にせず周りには隠すこと。

お互いのプライベートに干渉しないこと。

恋愛感情がないこと。

そして代えがきかない存在ではなく、他の誰かでもいいこと等が挙げられます。

 

 

これらの事柄が当てはまらない場合は、セフレという関係性を越えている可能性があるので、あくまでセフレという関係にとどまりたいのなら、関係を見直す必要があるかもしれません。

 

人間にとってセックスはなくてはならないものです。

お互い同意の上で安全なセフレ関係を作れるならば、充実したセックスライフのために、セフレは有効な手段になります。

 

出会い系やマッチングアプリならば、多くの女性が男性との出会いを求めていますので、セフレ作りに最適です。

セフレ作りに興味がある方は、ぜひ登録してみてください。

おすすめの出会い系サイト

PCMAX

・アダルトに強くセフレ作りに〇
・累計会員数1900万人突破
・1日のアクティブ会員60万人の大型出会い系
・登録&月額費不要のポイント制
・法律遵守!インターネット異性紹介事業認可済み
・登録から48時間はポイント購入量最大1.5倍でお得

アプリ版もありますが、高機能でポイント料金の安いブラウザ版からの登録がおすすめ

登録&年齢確認で貰える無料ポイントもあります。

PCMAX
公式サイトリンク(R18)

※法律により利用には年齢確認が必要です

ハッピーメール

・累計会員数3000万人突破国内最大級の出会い系
・恋人探しからセフレ作りまで幅広い利用者層
・登録&月額費不要のポイント制
・法律順守!インターネット異性紹介事業認可済み

国内最大級の有名出会い系サイト。登録者数が多いのでセフレ目的の会員も見つけやすい。

登録&年齢確認&メールアドレス登録&プロフィール記入で最大1400円分の無料ポイント進呈中。

ハッピーメール
公式サイトリンク(R18)

※法律により利用には年齢確認が必要です

男女のコラム
セフレの作り方徹底ガイド
タイトルとURLをコピーしました