PR

セフレは悪いことなの?セフレのメリットを考えてみた

男女のコラム

この記事は、セフレは悪いことなの?~セフレのメリットを考えてみた~というテーマで、恋人以外とのセックスのメリットについて説明します。

この記事を読めば、セフレや付き合う前のセックスのメリットがわかり、セックスに対しての考え方を見直すことができます。

 

セフレが欲しいけれど、セフレを作ることに気が咎める方、付き合う前のセックスに抵抗がある方はぜひ参考にしてください。

 

おすすめの出会い系サイト

セフレ作りにおすすめな出会い系サイト

PCMAX
セフレ作りの王道!登録&年齢確認で無料ポイントが貰えます

ハッピーメール
最大で1200円分の無料ポイント進呈中
※18歳未満は利用できません

 セフレは悪いことなの?

セフレを作ることは、悪いことなのでしょうか。

セフレは一般的には公にできない秘密の関係だと認識されています。

本当に仲の良い友達にはセフレの存在を明かすこともあるでしょうが、普通は周りに広めるようなことではありません。

 

秘密にするのはセフレを作るのが、悪いことだからでしょうか。

答えは、そうではありません。

セフレを作ることは一概に悪いこととは言えません。

 

もちろん、パートナーがいるにもかかわらず、セフレを作るのは浮気や不倫になってしまうので、パートナーに対して悪いことではありますが、フリー同士ならば、セフレを作ることは、秘密にはしても悪いこととは言えません。

以下で、フリー同士、恋人になる前の男女のセックスについて、メリットを挙げながら説明していきます。

恋人がいなくてもセックスは必要

セフレを作るメリットの一つは、恋人がいなくてもセックスができるということです。

「セックスは恋人がいないとできない」というのは、一つの考え方ではありますが、絶対の真理ではありません。

ある調査機関の調査では、2019年に恋人がいない男女は7割に達しており、20代男性の4割は交際経験もないという結果が出ています。

セックスは恋人がいないとできない、と言うなら、全国の男女の7割はセックスをしてはいけないということになります。

しかしながら、性欲は誰しも抱くものであり、どこかで解消する必要があるのです。

 

自慰行為で解消することも多いでしょうが、自慰行為とセックスは全く別物であり、自慰行為をしたからといって、セックスへの願望が大きく減退するというものではありません。

セックスがしたいという願望は恋人の有無にかかわらず、自然な感情なのです。

 

しかし、仕事が忙しい、生活が不規則、出張が多くて落ち着かない、結婚を考えていない等、恋人を作ることが難しい人もいます。

そんな場合に、フリー同士で、決まった時間に、身体だけの関係を持つことはそんなに悪いことでしょうか。

 

セックスへの願望が、多くの人々に共通してある以上、恋人を作ることが難しい人々にとっては、お互いの利害が一致すれば、セフレを作ることは、それほど悪いことではないはずです。

付き合う前段階としてセックスは必要?

セックスの相性は、あまり公に話すことではないために見落とされがちですが、恋人関係、さらには結婚してからも、かなり重要な位置を占める事柄です。

セックスの相性が悪いことを知らずに付き合うと、浮気や不倫の原因になったり、欲求不満で感情に影響を及ぼしたりして、男女関係が破綻する可能性があります。

もちろん、恋人や結婚の関係はセックスだけで成り立つものではありませんが、絶対不可欠であることも確かであり、セックスの相性を前もって知ることは、長く関係を続ける上では重要なことです。

 

結婚などを考えて真剣に付き合う前に、セックスを含めた「お試し期間」があっても悪くはありません。

社会的にまだまだそのような考えは一般的とは言えませんが、二人だけの間で話し合うのなら、将来に向けて有益な期間にすることもできるでしょう。

アメリカでは恋愛に3つの段階がある!?

「お試し期間」の話をしましたが、日本では一般的でなくても、そのような考え方がある程度浸透している国もあります。

代表的な国は、アメリカです。

アメリカではDTR(Define the Relationship)という考え方があります。

直訳すると「関係を定義する」という意味で、恋人の関係を段階別に定義して、はっきりさせることを指します。

アメリカでは真剣に付き合うまでに大まかに3つの段階があります。

 

最初の段階は、going out(=お出かけ) などと呼ばれ、何回か会っていて、興味は持っているけれど、まだお互いをよく知らない様子見の段階。

友達の域を出ていません。

 

2つ目の段階は、seeing (each other)(=(お互い)見ている)と呼ばれる本気一歩手前の段階で、いわゆる「お試し期間」です。

この段階でセックスもしますし、恋人らしい振る舞いもしますが、完全な恋愛関係でありません。

 

3つ目の段階は、dating(交際中)で、お試し期間を終えた本気度の高い交際です。

この段階になってアメリカ人は初めて「恋愛関係」になったと考え、その後、さらにいくつかの段階を経て、最終的に結婚へと至ります。

 

 

アメリカのDTRにおける3つの段階のうち、2つ目のseeing (each other)=お試し期間は、恋人になるか単なる友達で終わるかの大事な段階です。

アメリカでは、後々の関係を上手に進めるためにも、セックスを含めて、慎重に見極めるのです。

 

もしこの段階で、恋人にはなれないけど、セックスだけならいいと考えれば、FWB(Friends with Benefits)=「利益ある関係」となり、日本で言うセフレ関係になりますが、セフレのイメージよりは、カジュアルにセックスする友達として認識されているようです。

 

もちろん、アメリカと日本では文化が違いますし、恋人関係を段階別に定義してしまうのは、情緒がなくて、味気ないようにも感じてしまうでしょう。

しかしながら、そっくり真似することはなくとも、ちょっとした「お試し期間」を設けて、セックスの相性を確かめるのは、長く関係を続けるための一つの方法になるのではないでしょうか。

 

アメリカのDTRを例にすると、セックスは恋人でないとできないという考えが、一種の固定観念であることがわかっていただけると思います。

アメリカのように、はっきりと関係を定義する必要はありませんが、付き合う前のセックスやセフレのあり方に関して、もう少し柔軟に考えてみると、セックスに対する悩みの解決策になり得るでしょう。

まとめ

セフレは秘密の関係ではあっても、悪いことではありません。

 

セフレを作ることや付き合う前にセックスをすることには、メリットもあります。

セックスがしたいという願望は多くの人が共通して持つ考えですが、恋人がいない、作るのが難しい場合も多く、利害関係が一致するセフレを作ることで、お互い満足する関係を築くことができます。

 

また恋人や結婚の関係において、セックスは切っても切れない重要な事柄です。

お互いの関係が深まる前に、セックスの相性について確認することは、長く関係を続ける上では、大事なことでしょう。

 

アメリカではDTRと呼ばれる恋愛関係のいくつかの段階があり、本気の恋愛をする前にセックスもできる「お試し期間」があります。

このDTRの存在が示しているのは、「セックスは恋人以外とは出来ない」という考えが、一種の固定観念であるということです。

 

セックスに関する男女関係のトラブルを避けるためにも、セフレや付き合う前のセックスに、柔軟な考えができると、セックスの悩みを減らすことができるでしょう。

おすすめの出会い系サイト

PCMAX

・アダルトに強くセフレ作りに〇
・累計会員数1900万人突破
・1日のアクティブ会員60万人の大型出会い系
・登録&月額費不要のポイント制
・法律遵守!インターネット異性紹介事業認可済み
・登録から48時間はポイント購入量最大1.5倍でお得

アプリ版もありますが、高機能でポイント料金の安いブラウザ版からの登録がおすすめ

登録&年齢確認で貰える無料ポイントもあります。

PCMAX
公式サイトリンク(R18)

※法律により利用には年齢確認が必要です

ハッピーメール

・累計会員数3000万人突破国内最大級の出会い系
・恋人探しからセフレ作りまで幅広い利用者層
・登録&月額費不要のポイント制
・法律順守!インターネット異性紹介事業認可済み

国内最大級の有名出会い系サイト。登録者数が多いのでセフレ目的の会員も見つけやすい。

登録&年齢確認&メールアドレス登録&プロフィール記入で最大1400円分の無料ポイント進呈中。

ハッピーメール
公式サイトリンク(R18)

※法律により利用には年齢確認が必要です

男女のコラム
セフレの作り方徹底ガイド
タイトルとURLをコピーしました